あごニキビの原因はストレスも関係しています

顎(あご)ニキビ,原因,思春期

あごニキビが出来てしまう原因にはストレスも関係していて、思春期にできるものとは違うのでケアの方法にも気をつけましょう。

 

あごニキビができてしまうのは、
・ホルモンのバランスが崩れ
・胃腸など内臓が不調
・頬杖をつくなど直接触ったりすること

などが関係しています。

 

あごニキビは大人ニキビですから、ストレスや睡眠不足肉体的な疲れ月経前症候群などによりホルモンバランスが乱れると影響をうけます。

 

ホルモンの分泌量は微量であるため、些細な変化によって身体は大きな影響を受けます。
注意しましょう。

あごニキビを悪化させないために

ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが多くなってしまうと皮脂の分泌が多くなります。

 

男性と違って女性はあご回りの毛穴が開いているわけではありませんので、すぐに毛穴が詰まり、ニキビができてしまいます。
しこりのあるようなあごニキビができてしまうとやっかいですから、日ごろからホルモンバランスを整えたり、胃腸の働きをよくしたり、頬杖など直接触ってニキビを悪化させたりしないように工夫をしましょう。

 

ホルモンバランスや胃腸の働きを整えるためには、食べ物も大切です。

 

栄養バランスのよい食事を規則正しく摂りましょう。
女性ホルモンと似た働きのある大豆イソフラボンが含まれた、大豆や大豆製品を積極的に摂るのも効果的です。"


しつこいあごニキビの治し方

顔にニキビが出来ると本当に辛いことです。

 

肌質は人それぞれ違うので、ニキビが出来やすい人もいます。両親の遺伝も大きい要素と言えます。
きちんと洗顔をしていても、肌荒れしてしまうこともあるものです。

 

特に大人になると、あごニキビで悩む人が多いと言われています。
額や鼻は皮脂が多いことが考えられますが、あごニキビはホルモンバランスの乱れやストレスが原因です。

 

洗顔をしっかりする

治し方としては、まずは肌を清潔にすることが重要となります。
しっかりと洗顔をして、雑菌を増殖させないことが大事です。

 

食事を見直す

ホルモンバランスを整える為には、栄養バランスの良い食事を摂取しましょう。
お菓子や揚げ物は控えて、野菜や果物を食べることが重要です。

 

質の良い睡眠をとる

夜更かしは肌に悪影響を与えます。早く眠るように気を付けましょう。
成長ホルモンは活発になると、肌を回復させる働きをしてくれます。
枕や布団は干して、雑菌を増殖させないように気を付けた方が良いです。

 

病院で治療

それでも治らなければ皮膚科へ行き、薬を処方してもらいましょう。
漢方薬は時間がかかりますが、体質を改善する効果があります。
肌荒れしやすい人は漢方薬を飲むと良いです。
ホルモンバランスの乱れが原因の場合、婦人科にも行ってみた方が良いと言えます。

頑固なあごニキビの治し方 洗顔後は保湿を心掛ける

顔ニキビの中でもあごニキビは一度できると治りにくく、さらに同じ部分に繰り返しできる特徴があります。

 

あごは額や鼻のまわりといったTゾーンよりは汗をかきにくいのですが皮脂腺は意外と多いのです。
さらに乾燥しやすく皮膚が厚いこともあるので皮脂が肌の奥深くで詰まりやすく、巨大化したりしこりができたりと他の部位よりニキビが悪化しやすいので注意が必要です。

 

あごニキビができる大きな理由としてはホルモンバランスの影響です。
女性では定期的にやってくる生理周期によって発生しやすいです。

 

男性では髭剃りの際の出血や乾燥により悪化しやすいのですが、その他どうしても保湿やUVケアが怠りがちの部分ですので紫外線の影響も受けやすく、日焼けによる色素沈着などの跡が残りやすいのです。

保湿を意識したスキンケア

治し方としては、肌の代謝であるターンオーバーを促すような食事、生活習慣を心掛けることが大切です。

 

それ以外では化粧品によるサポートです。
ビタミンCを多く含んだ食品は効果的ですし、ニキビの悪化を促す乾燥を防ぐために保湿を意識したスキンケアも回復につながります。

 

とはいえ即効性はあまり期待できず、ニキビが発生している期間は長くなりがちです。
気になるのはわかりますがあまり指で触れないようにして、洗顔後は必ず保湿を忘れないようにしなければならないのです。

思春期の男性の顎(あご)ニキビの原因はヒゲ剃りにあるかもしれない

顎(あご)ニキビ,原因,思春期

顎を含めたフェイスラインは、顔のTゾーンと同じように皮脂が多い場所でもあります。

そのため、顎(あご)ニキビが出来やすい場所でもあります。

 

顎のまわりはターンオーバーが遅く、ニキビ跡が残りやすいという困った特徴もあるようです。
思春期の頃のお肌は大人に比べるととても弱く、簡単に傷ついてしまいます。

 

ヒゲ剃りと顎ニキビの関連性

 

特にヒゲの濃い思春期の男性は、毎日の髭剃りが顎(あご)ニキビの原因になっていることがあるようです。

 

ヒゲ剃りをするために使ったカミソリの刃で傷つけられたお肌は、バリア機能が低下しています。
そのため、雑菌が入りやすい状態になってしまい顎(あご)ニキビが出来やすくなってしまうという訳です。

 

ヒゲが濃い思春期の男性で、繰り返し顎(あご)ニキビができて困っている人がいたら、
ヒゲ剃りが原因になっている可能性も疑ってみてください。

 

ヒゲ剃りには、必ずシェービング剤を使うように心がけカミソリの刃はいつも清潔なものを使うようにしましょう。
毎日のヒゲ剃りを丁寧に行うことで、顎にできる顎(あご)ニキビをできにくくする効果が期待できることでしょう。

あごニキビの原因は生理にあるかも!

顎(あご)ニキビ,原因,思春期

顔の中でも特にニキビが発生しやすい部分と言えば、あごです。

 

この「あごニキビ」ですが、大人になってから発生するものに関しては、特にホルモンバランスが大きく関係していると言われています。
ホルモンバランスの乱れが原因で発生しやすいあごニキビは、特に生理前になると発生しやすいのが特徴的です。

 

そこで、そんな原因から考えられる対策方法として、女性ホルモンのバランスをできるだけ乱さないよう、様々な働きかけをしてみましょう。
まず生理前のイライラしやすい時期には、できるだけ体や心をリラックスさせて、ストレスを溜めこまないようにすること。

 

それから、女性ホルモンの働きをサポートしてくれる大豆製品などを積極的に食べてみるという方法も効果的ですね。

 

また、生理前には特に食欲が増加しやすいため、食べ過ぎが原因であごニキビが起こることもあります。

 

ニキビの原因になるようなお菓子類の暴飲暴食は控え、果物などを食べて気持ちと空腹感を紛らわしてしまいましょう。

あごニキビの原因は内蔵の病気っていうことはある?

顎(あご)ニキビ,原因,思春期

あごニキビが繰り返しできる場合、病気なのかもしれないと心配になりますね。

ニキビは、内蔵不調のサインとも言われていますが、これは繰り返しできることが一つのポイントになります。

 

そして、その場所があごニキビの原因は、内蔵ではなく婦人系疾患や冷え性だと言われています。
婦人系疾患ということで言えばホルモンバランスの乱れですし、冷え性では、血液の流れが悪いなどが原因として考えられます。
男性でも関係してくることです。

 

しかし、健康そのものでそんな心配はまったくないと自信のある方は、洗顔方法やメイクの刺激、脂質の多い食べ物などを多く口にしていないかなどを見直してみてください。

 

内蔵の病気も心配ですが、日々の生活習慣が大きなあごニキビの原因になってしまっている場合も多いです。

 

そして、無理に治そうとしないで、長引く場合は、皮膚科に行って治療してもらうことが大切です。
その時にホルモン剤などが処方され、それでキレイに治るのなら、やはり婦人系疾患が考えられます。

[ガンコな顎(あご)ニキビを治す方法が知りたいなら]関連情報